Step Out!〜オーストラリア・メルボルンに留学中!〜

オーストラリア留学生活や映画や洋楽などの趣味について記事を書いています!

【留学生活】メルボルンでのホームステイ:お値段以上!?想像と実際の生活の様子を比べてみた!!

こんにちは!SKです!

初めて留学やワーホリをする方は、最初の1ヶ月程度ホームステイを検討する方も多いと思います。

ホームステイは一般家庭にお金を払い、食事の提供やお部屋を使わせてもらいます。ホストファミリーの方がお世話をしてくれるので安心ですが、費用は一人暮らしやシェアハウスに比べ高く、食事やハウスルールが不安だったり、家の人と上手くやっていけるかなどの不安が多いのではないでしょうか。

私も、ホームステイが始まるまでとても不安でしたが実際に滞在してみて、今はとても楽しくやっています!

ということで、今回はホームステイに対する滞在前の自分の想像と実際の生活とを比較してみたいと思います!

初めてのホームステイ!気になる生活の様子は? 

それでは、実際にホームステイしてみてどうだったか、まとめていきます!

ホームステイを選んだ理由↓

初めての海外生活で不安だっため、先にシェアハウスするとホームステイはしないと思いせっかくなのでホームステイをしてみることにしました。

ホームステイ先の情報↓

ホームステイ先は、カフェを経営している夫婦の家で、2人の留学生も滞在中とのこと。場所も運よく学校から電車で2駅。ちなみに費用は込み込み11万円くらいでした。

ホームステイの食事

海外の食生活は日本と全然違うし、毎回シリアルやレトルト食品なんかを出されることもあると聞いて正直ビビっていました。

実際は・・・

初日の夜ご飯からいきなり和食でびっくり!日本人の受け入れは何度かしてきたので、和食を作ってあげられるとのことでした。

朝も毎日違う種類のサンドウィッチ、夜は白ご飯と肉や野菜など、そしてフルーツをよく食べさせてくれます。調理して提供してくれるのでとても美味しいご飯が食べられます。

f:id:MAGUIRE:20191014221825j:plain

ただ、毎回量が半端ないくらい多く、寝起きにでっかいサンドウィッチ2個とスムージー、カフェラテなどが食卓に出てくるので、残すと悪いなと思いながら頑張って食べています。足りなかったら言ってね!と言ってくれますが、いつもお腹いっぱいです。笑

ホストファミリーはどんな人?

ホストファミリーの多くはビジネスとして生徒を受け入れているため、面倒見がいいというより、食事や寝床を提供するだけで、無駄な会話や交流などないドライな関係の場合があると聞いていました、、、

実際は・・・

会った瞬間からハイテンションで、世話好きそうなオーラ半端ないお母さんが出迎えてくれました。

初日の様子はというと、ステイ先に朝の8時くらいにつきましたが、まずカフェラテを入れてくれて、それからサンドウィッチとグリーンスムージーをもらいました。お腹が空いたらいつでも言ってね!と言ってくれて。

それからお父さんが帰ってきたら、車で街を案内してくれました。「日本から来たのか!トヨタ車は最高だよ」とか他にもいろんな冗談を言っていましたが英語が聞き取れませんでした。笑

こんなにおもてなしされると思ってなかった!!

お世話になる夫婦も昔オーストラリアに移住してきた方で、何十年もオーストラリアに住んでいて、会話も英語です。

私がここにきた時は英語なんて話せず、店に行って物の値段やこれはなんですか?と聞きまくって説明させて、英語を練習した」と教えてくれたりもしました。説明めちゃくちゃさせて買わずに次の店に行くので店員に怒られたそうです。すごい行動力!怒られるかもしれませんが、この勉強法いいかもしれません。笑

まとめると、ホストファミリーはめちゃくちゃフレンドリーでいい人でした!

話を振ってくれるし英語の会話の練習もしてくれたり、知らない単語も教えてくれたりしてくれます。

あと、ホストファミリーの方は、土地や治安、家賃相場、どこにどんな人が住んでいるか、ある程度知っているので、次に住むところを相談してみるのもいいかもしれません

提供される部屋は快適か?

自分専用の部屋が提供されるか、それとも他の人と同じ部屋になるか、部屋はちゃんとした部屋なのか、それとも物置のようなとこなのか、調べていると、部屋が地下の物置だったとか、仰天するようなエピソードもあって不安でした。

実際は・・・

なかなかいい部屋!

f:id:MAGUIRE:20191013191455j:plain

(私物広げて汚いですが・・・)広いし綺麗だし、ベッドもふかふか、机もテレビもある!(オーストラリアのTV全然面白くない・・・というか楽しめない・・・)

私の使う部屋はホストファミリーの息子さんが以前使っていた部屋らしく、彼の私物もたくさん置いてあり、それも自由に使っていいよ!と言われました。

PS3や充電ケーブルなんか置いてあって、私はマックブックの充電ケーブルを拝借させてもらってます。

同じフロアに部屋がいくつかあり、若干TVの音や話し声が聞こえますがそこまで気になりません。部屋が広すぎて自分の物音が響いて他室に聞こえてそうで、ちょっと嫌な程度です。

シャワー・お風呂は自由に使える?

f:id:MAGUIRE:20191014223624j:plain

各家庭によってルールが定められていることがあると思います。シャワーを使っていい時間帯が限られていたり、オーストラリアは水不足なので、シャワーは1回10分まで、といった時間制限などの話を聞いていたので、ある程度覚悟していました。

実際は・・・

シャワーとトイレが一緒になっていますが、特に時間帯や時間制限はなく自由に使っていいと言われ安心しました!お湯も暖かく、快適なシャワータイムを過ごせています。

ただ、他の2人の留学生と共用なので、トイレに行きたい時に他の人がシャワー浴びてて行けない!自分がシャワー浴びていたらドアノブガチャガチャ、ということがあります。鍵の閉め忘れに注意ですね!

トイレについてですが、ウォシュレットが無いので、流せるウェットティッシュを買うのをおススメします。私はDAISOで買いました。

洗濯機は自由に使えるか?

洗濯機は1週間に1度だけ使って良い、洗濯機が強力なのでシャワーネット必須、などの情報をみて、洗濯ネットは持って行こうと思い、下着も1週間分持ってきました。

実際は・・・

いつでも使っていいよ〜と言う感じで、洗濯機は外にありますが特に使用に制限はないようです。

ホームステイして今更気づいたんですが、服だけでなく、シーツや枕カバーも自分で洗濯する必要があるので、タイミングは考えないといけませんね。勝手にシーツとかは洗ってくれると思っていました。ホテル感覚。

実を言うと滞在1週間たちましたが、1度も洗濯機を使っていません。おそらくいつか使うと思うのでその時に追記します。

門限は厳しい?

f:id:MAGUIRE:20191014224022j:plain

何時までに帰ってこい!門限が厳しい、夜ご飯外で食べるなら早く連絡して!など色々聞いていました。私は自分で気ままに行動する派なので、連絡とか何時までに帰るとかちゃんと連絡できないわ〜と思い、厳しい人だったらきついな、と。

実際・・・

家の鍵を渡されて、「特に門限はないけど、ご飯外で食べるなら連絡してね〜」くらいでとてもゆるい感じで安心しました。ゆるいけど、連絡はきちんとするようにしています。

ホストマザーに英語でメッセージするのですが(Wechatというアプリで)、それも英語の勉強になるし、ご飯外で食べるね、とかパーティに行ってくるから遅くなる、と伝えるといつも楽しんできてね!や、連絡ありがとう!と言ってくれるので、ホストマザーの人としての暖かさを感じます。

まとめ

f:id:MAGUIRE:20191014224418j:plain

留学前に抱いていたホームステイのイメージと、実際に滞在してみての印象や感想をまとめてみました。

結果としては、想像よりはるかに快適で、お値段以上の物を感じます。留学最初の1ヶ月をホームステイにして良かったと思います。他の人の経験を聞くと私の場合は、とても運がよく、とてもいいホームステイ先に恵まれたと思います。

私の場合、生活に慣れるまでの最初の4週間と決めていましたが、意外とすぐに生活に慣れるので、ステイ期間は可能であれば、2週間とかでもいいかもしれません。ただ、その後の家探しもすぐに始める必要があります。

ただ、ステイ先のルールや環境はステイ先のホストファミリーによって左右されると思うので、自分で探す方はいろいろ質問したり、エージェントや学校に頼む人も今までの人の口コミや感想を聞いて判断してもいいと思います。

 あと、ホームステイのいいところは仲良くなれば長く住んでる人にしかわからないような(市街地と郊外の家賃の違いとその理由とか)、いろんな情報収集ができることです。

それでは!