Step Out!〜オーストラリア・メルボルンに留学中!〜

オーストラリア留学生活や映画や洋楽などの趣味について記事を書いています!

【TED】第2弾!面白いプレゼンを紹介!小さなことを30日間続けることで得られるものとは?

f:id:MAGUIRE:20190616223250p:plain

様々な分野の専門家によるプレゼンテーションを見ることのできるTEDカンファレンス。2006年から講義内容をインターネット上で無料配信していて、TED.comではたくさんの講義を無料で視聴できます(無料の会員登録が必要です)。英語でのプレゼンがほとんとですが、日本語字幕や英語字幕もあるので英語がわからなくても問題ありません( ´ ▽ ` )ノ

 第2弾の今回も、数あるプレゼンの中で、個人的にオススメのプレゼンをご紹介します!!

 

今回ご紹介する講演

今回は、Matt Cutts : Try something new for 30 days(30日間チャレンジ)をご紹介!

f:id:MAGUIRE:20190617223956j:plain

 

講演について

 2011年の講演。講演者のMatt Cutts氏はgoogle社でエンジニアとして働いています。検索エンジンの最適化やスパム対抗のスペシャリストとして有名です。

 彼は日々のマンネリ化から抜け出すため、30日間新しいことを続けることにチャレンジしたそうです。彼が30日間新しいことを続けたことでわかったことを教えてくれます。

 

【みどころ】

自分の人生に加えたいことを30日間するだけ。それだけで自信がつく。たった5分に満たない講演ですが、観た後は何か新しいことをしたくなる、そんな気分にさせてくれます!

 

 

【動画】

 

 

【動画を観て】

 彼はたった5分という短い時間に、今後の人生に有意義になるかもしれない大切なことを述べていましたね。自分を成長させたい!日々のマンネリから抜け出したい!と思っている方に、とてもいいアドバイスをしてくれています。

 『Small Changes=Sustainable』

  彼は小さなこ挑戦を30日間チャレンジをすることで、自分に自信がついたそうです。なぜ30日なのか、それは新しいことを始めるのと、何かの習慣を断つのにちょうどいい期間だから。30日あれば、小さなチャレンジを通して、身につけることができると彼は述べました。

 また、彼はチャレンジの中で、さらに小さな課題を課していました。例えば、30日で小説を書くなら、1日に1665文字以上書く、というように。このようにチャレンジをする中で課題をクリアしていくのも自信へと繋がるのかもしれません。

 どうせやってくる30日間を有意義に過ごし、その期間で得たものは身につけられるというのは、素晴らしいアドバイスですね。

 

【モーガン・スーパーロック、ジョンホッジマンって誰?】

彼が30日間チャレンジを始めるきっかけとなったというモーガン・スーパーロック氏。彼はアメリカの映画監督、TVプロデューサーで、1日3食マクドナルドのファストフードを食べ続けたらどうなるのか自身が体を張って記録したドキュメンタリー映画「スーパーサイズミー」で有名です。他にも、「30日間」という作品では、他の人の生活に30日間浸り、その様子を記録したものがあります。今回の講演者はこの作品に見習ったようですね。

 ジョン・ホッジマン氏は、コメディアン、作家、デザイナーなど様々な顔を持つ人物です。いろんな肩書を持つホッジマン氏に対して、講演者のマット・カッツ氏も自分は小説家だと言えるというジョークですかね。

 

次回も面白いプレゼンテーションをご紹介します!

 

By マグワイヤー